• ホーム
  • 夏場に多い頭皮のかゆみはなぜ起こる?

夏場に多い頭皮のかゆみはなぜ起こる?

薬を飲んでいる男性

一年中頭皮のかゆみに悩まされる人もいますが、冬よりも夏場の方がかゆみを感じる人が多いものです。
夏場に頭皮のかゆみが起こる原因として、雑菌が繁殖しやすい環境であることが挙げられます。

夏場は気温だけではなくの湿度も上がり、このような環境になると体温を調節するために汗をかきやすくなります。
頭皮にも汗腺があるので汗をかくことになるでしょう。
夏場は皮脂も多くなり、頭皮には汗や汚れがたまりやすくなります。
この汚れを好むアクネ菌やカビの元となる真菌などの雑菌が繁殖することで頭皮のかゆみが発生します。

そしてトリートメントやスタイリング剤などの影響によるものです。
髪が傷んでいる際にはトリートメントをつけたり、外出の際には髪型をセットするためにスタイリング剤を使う人も多いでしょう。
これらの成分が夏の高温や紫外線、汗などにより溶けだしてしまうことがあり、特にその中でもヘアワックスは紫外線の影響で成分が蒸発したり溶けてしまう傾向にあります。
溶けた成分が頭皮に付着すると化学成分に反応しかゆみが出ることがあります。

そして頭皮の日焼けによるものも考えられるでしょう。
紫外線は一年中降り注いでいるものですが、特に夏場は紫外線を強く感じます。
頭は体の一番高いところにあり、人間の体の中で一番紫外線の影響を受ける部位と言えます。
長時間外にいる場合にはしっかりと頭頂部は日焼けをすることになるでしょう。
日焼けをすると頭皮がダメージを受けるため、乾燥やかゆみが発生します。
これを放置することで、最悪の場合には抜け毛が増えることもあります。

最後に空調による乾燥です。
暑い夏には室内ではエアコンをつけることがほとんどですが、このエアコンの影響により実は意外にも夏場の頭皮は乾燥している状態です。
頭皮が乾燥すると蒸れたときと同じようにかゆみを引き起こすことになります。

このように頭皮のかゆみの原因には様々なものがありますが、頭皮のかゆみを放置することで、AGAによって発生する薄毛の症状が助長されるケースも珍しくありません。
AGAを悪化させないためにも、放置することなく対処する必要があります。

ムヒを塗っていい?頭皮のかゆみの正しい解消法は?

虫さされの激しいかゆみにつける薬として、昔からなじみの深いムヒが挙げられます。
夏には必需品ともなる市販の塗り薬の一つですが、頭皮にかゆみがあった時にこのムヒを塗っていいのかどうか気になる人もいるものです。

結論から言うとムヒの中でもムヒHDと呼ばれるものは頭皮のかゆみや皮膚炎に対しての市販薬です。
そのため、シャンプーをしてもおさまらない頭皮のかゆみや皮膚炎を緩和させることが期待できます。
かゆみどめの成分と清涼感の成分が素早くかゆみを軽減し、頭皮の皮膚炎によるかゆみにも効果が期待できるでしょう。

しかし、頭皮のかゆみに対してムヒを塗ったからといって、根本的な解決になるわけではありません。
夏場の頭皮のかゆみを防ぐために一番大切なことは頭皮を清潔に保つことです。
清潔に保つことにより、真菌を始めとする頭皮の殺菌の繁殖を予防し、かゆみを防ぐことにつながります。

頭皮を清潔に保つためには正しいシャンプーが重要です。
シャンプーを行う際には爪を立ててごしごしとこするではなく、指の腹の部分を使いやさしくマッサージをして洗いましょう。
頭皮を傷つけると頭皮環境が悪化し、症状も悪化してしまう可能性があります。

さらに入浴後は髪の毛を自然乾燥させるのではなく、しっかりドライヤーを使って乾かすことを心掛けます。
生乾きの状態で放置すると雑菌やカビの繁殖を招いたり、髪の毛がダメージを受けてしまう可能性が高いです。

様々な解消法を試してみしても、それでも頭皮の激しいかゆみがおさまらない場合には、専門の病院や皮膚科へ行くことも一つの手段といえるでしょう。
専門の病院や皮膚科では頭皮のかゆみが何によって発生しているのか、根本的な原因も突き止めてくれるので、原因に見合った治療を受けることができます。