• ホーム
  • 危険!女性がフィナステリドに触れてはいけない理由

危険!女性がフィナステリドに触れてはいけない理由

考えている女性

男性型脱毛症(AGA)の治療薬に使われるフィナステリド。
この成分は男性ホルモンの一種、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化する際必要となる酵素の働きを阻害する効果があります。
ジヒドロテストステロンが過剰に生成されると、髪の毛の成長が阻害され、薄毛につながります。
フィナステリドはそんなジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があるため、AGAの治療薬として用いられるのです。

しかし、そんなフィナステリドにもいくつか副作用があります。
例えば男性の場合ですと男性ホルモンの生成が抑えられることで、勃起不全等につながるリスクが高まります。
そして女性の場合、さらに重大な副作用につながる危険性が高いです。

テストステロンやジヒドロテストステロンは、いわゆる「性ホルモン」の一種です。
例えば胎児の時には、男性器の形成に関与します。
さらに二次性徴の時には骨格をしっかりとした状態に変化させ、声変わりを促します。
さらに性器を守るために陰毛の成長を促進する働きもあります。

このようにテストステロンやジヒドロテストステロンは、子どもが男性として生まれ、成長するために重要な成分です。
ですがフィナステリドが子どもの体内に入ると、この働きが阻害されてしまうため、十分な成長ができなくなってしまうのです。

特に妊娠中の女性の体内にフィナステリドが入った場合、胎児の性器は十分成長できなくなってしまいます。
すると胎児の男性器はしっかりとした形にならないため、奇形児が生まれるリスクが高まるのです。

さらに女性の場合、フィナステリドに触ることすら禁止されています。
というのもフィナステリドは皮膚からも吸収されるので、妊娠中の女性の場合、触るだけで胎児に悪影響が及び、奇形児となる恐れがあるからです。
妊娠中でない場合も、フィナステリドに触れることで母乳を通じ、子どもに悪影響を及ぼす危険性がないとは言えません。
ですので女性の場合、フィナステリドが含まれたものに触ってはいけないのです。

女性の薄毛対策にオススメの薬は?

原因となる男性ホルモンの生成を抑えることから、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として用いられるフィナステリド。
しかし、この成分は女性が触ると、子どもに悪影響を及ぼす恐れがあるため、絶対に使用が禁止されています。
また女性の場合、男性ホルモンの過剰分泌によって薄毛が生じるわけではないので、フィナステリドが含まれた薬を使っても効果は期待できません。
女性で薄毛に悩んでいる方の場合は、必ず女性用の育毛剤や治療薬を使うようにしましょう。

まず薄毛対策でオススメな薬の成分が、ミノキシジルになります。
この成分は血流を促進する効果があり、男性用・女性用どちらの薄毛の治療にも用いられます。
血流が促進されると、髪の毛の成長に必要な栄養分や酸素が届けられます。
さらに頭部の血流が良くなることで頭皮の環境も良くなるため、髪の毛の成長が促進されるのです。

一方女性の薄毛治療薬として用いられているのが、「パントガール」です。
この薬にはビタミンB1・パンテトン酸カルシウム・薬用酵母・L-シスチン・ケラチン・パラアミノ安息香酸といった成分が含まれています。
これらの成分が毛根に届くことにより、髪の毛の成長を促進させます。
細く弱った毛の成長が促進されることで、太く強い毛へと成長するのを助けます。
毛が太く強く成長できれば、それだけ頭皮が透けて見えにくくなるので、薄毛の改善にもつながります。

このように女性の場合、髪の毛の成長を促進する成分が含まれた薬がオススメとなります。
また女性の場合、女性ホルモンの減少が薄毛に関わっていることもあるので、食事やサプリを通じて女性ホルモンを補うようにしましょう。

そして何よりも、女性の場合は副作用が少ない薬を選ぶことが大切です。
とくに小さい子どもがいる場合や妊娠している場合は、子どもにも影響が及ぶ恐れがあるので、事前にしっかりと確認してから使うようにしましょう。