• ホーム
  • ロゲインとリアップ、効果や副作用に違いはあるの?

ロゲインとリアップ、効果や副作用に違いはあるの?

鏡を見ている男性

リアップは、国内の育毛剤の中で唯一第一類医薬品に指定されている商品で、ミノキシジルという成分を配合していることが特徴です。
この成分は元々はアメリカで降圧剤として使用されていたもので、脱毛症に対しての有効性が判明したためにこちらを治療するための外用薬として提供されるようになったという経緯をたどっています。
ちなみに、このようにして誕生したのがロゲインで、世界90ヵ国以上で販売されています。

つまり、リアップはロゲインのジェネリックの様な存在で、同じ主成分を配合していることから適応症に関しては同様の効果を期待できるという事になります。
なお、リアップが適応症として挙げているのは、壮年性脱毛症という症状です。

この壮年性脱毛症とは、男性の薄毛の大部分を占めている症状のことで、生え際から頭頂部にかけての部分に集中して発症します。
これは、この部分の毛根内部のレセプターに悪玉男性ホルモンのDHTが結合することで、ヘアサイクルが狂わされてしまうことが原因です。

これに対して、リアップやロゲインに配合されているミノキシジルは、毛根内部の毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化するという作用を発揮するので、髪の毛の成長をサポートします。
特に、悪玉男性ホルモンの影響が少ない頭頂部の薄毛に対して有効です。

なお、リアップとロゲインはミノキシジルを主成分として使用しているという事で、適応症に対しての有効性だけではなく、副作用のリスクに関しても共通しています。
具体的には、むくみ・不整脈・動悸・低血圧・多毛症・体重の増加などが報告されています。
これらは、副作用というよりもミノキシジル本来の作用である血管を拡張するという効果によるもので、高確率で発現します。

また、ロゲインの開発段階で3人、リアップの使用中に3名が循環器疾患で死亡しています。
こちらは、ミノキシジルとの因果関係は明らかではありませんが、同じ症状で同じ人数が死亡しているという点は共通しています。

ロゲインとリアップ、購入するならどちらがおすすめ?

リアップは、ロゲインと同じミノキシジルを主成分としている上に、10年以上遅れて販売されたためにジェネリックの様な存在です。
ただし、通常のジェネリックとは違い、リアップの方がかなり高い金額が設定されています。
このために、費用面でのメリットは得られないという事になります。

また、ミノキシジルによる脱毛症への効果は体内に成分がある間だけしか発揮されないので、薄毛が気になる間は使い続けなくてはなりません。
このために、値段の違いは非常に重要なポイントです。
例えば、リアップの値段の相場は7,500円、ロゲインは5,000円程度なので、1年間で3万円、10年間では30万円の違いが生じることになります。

しかもロゲインは個人輸入の通販サイトから購入すればさらに激安価格で入手することが出来ます。
ちなみに、最もメジャーな通販サイトでは2本セットで5,380円です。
つまり、一本当たりの値段は2,690円という事で、リアップの半額未満で購入できるという事になります。

このように両者は適応症に対しての有効性は同じでありながら値段においては決定的な違いがあるので、コストパフォーマンスという観点から考えるとロゲインを選択するのが断然おすすめです。
通販サイトを利用してロゲインを購入した場合は、リアップを定価で購入するよりも1年間で5万円以上もお得になるからです。

一方、リアップがロゲインよりも優れているのは、使い勝手や使い心地という部分です。
これはボトルの形状やメントールなど主成分以外の添加物に違いがあるからで、毎回正確な分量を塗布したい人や、付けた際の清涼感を重視するようなタイプはリアップを購入するのがおすすめです。